歯科医人生、いつかは報われるさ!


by lyancstmtk
 埼玉県警は18日、採用試験のポスターに使用したキャッチコピーが陸上自衛隊の商標権を侵害する恐れがあるとして、ポスター約1万枚の回収を始めたと発表した。キャッチコピーは「明日のために。未来のために。守りたい、『ひと』がいる。」で、陸自の「守りたい人がいる」と類似している。
 県警は、採用試験のポスター作製の際に複数の業者からキャッチコピーの案を募り、その中から選定した。問題となったキャッチコピーは2009、10年度のポスターで採用された。10年度のポスターは約600万円を掛けて作製され、一部がJRや東武電鉄の電車内、地下鉄の駅構内などに掲示されている。
 県警によると、このキャッチコピーについての商標権を業者に確認したが、提案した業者から「特に問題がない」と回答されたという。今後の採用ポスターについては未定としている。
 県警警務課は「警察で(事前に)確認できなかったことは遺憾」とし、陸自側は「謝罪を受け、回収するということなので、コメントは特にない」としている。 

阿久根市長、連日の出席拒否…入札問題追及予定(読売新聞)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
将棋 久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
街頭募金詐欺で実刑確定へ=「個々の被害、特定不要」−最高裁(時事通信)
[PR]
# by lyancstmtk | 2010-03-24 06:31
 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は3月18日、4月下旬にスタートさせる事業仕分け第2弾の対象となる公益法人の選定のため、9日から実施していた各省庁からのヒアリングを終えた。枝野幸男行政刷新担当相は18日の記者会見で、「本当に多種多様なので、正直、(選定は)なかなか難しいと思う」と述べ、さらに時間をかけて精査する考えを示した。同会議では19-24日、各省庁から独立行政法人の選定のためのヒアリングを行う方針で、98法人が対象となる。

 会見で枝野担当相は、福祉的な事業を行っている法人を例示して、「金額が大きいからだとか、公費依存率が高いから問題かと言えば、必ずしもそうではない」と説明。「一通り聞いたが、もう少し時間をかけ、ヒアリングの結果を踏まえながら、議論の整理をしなければならないと思う」と述べた。


【関連記事】
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ


福祉医療機構、「仕分けられる」―医法協・日野会長
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏

給与支払いで強制執行求める=市長告発も−阿久根市職員側(時事通信)
農水副大臣、カタール入りへ=クロマグロ禁輸案否決に全力(時事通信)
路上に倒れた男性が死亡=半裸、手に粘着テープ−警視庁(時事通信)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付(毎日新聞)
三笠宮さまが退院(時事通信)
[PR]
# by lyancstmtk | 2010-03-19 16:44
 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の陣営が北海道教職員組合(北教組)から総額1600万円の違法な献金を受けたとされる政治資金規正法違反事件で、札幌地検は13日、東京都内で、小林議員を参考人として事情聴取した模様だ。札幌地検は、小林議員が北教組からの献金の受領を認識していたのかなどについて聞いたとみられ、小林議員は受領は知らなかったなどと説明したとみられる。

 同事件では、小林陣営の会計責任者、木村美智留容疑者(46)が08年12月〜09年7月の4回、当時の北教組委員長や委員長代理の長田秀樹容疑者(50)から計1600万円を受け取ったとされ、計4人が逮捕されている。

 小林議員は6日の記者会見で、北教組からの資金提供について「まったく知らなかった。(木村容疑者からも)聞いていなかった」と説明。9日には「(事情聴取の要請があれば)受けます」と話していた。

【関連ニュース】
教師政治活動:罰則科す改正案提出 自民・みんな
山梨県議会事務局:政調費開示めぐり請求者名漏らす
北教組献金:小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検
北教組事件:小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」
北教組事件:参院選への影響「ないと言えぬ」連合会長

<奥州市長選>小沢昌記氏が初当選 岩手(毎日新聞)
強風でバックネット倒れる、4歳男児と母重傷(読売新聞)
「頭にべっとりと血だまりが…」 被害者の調書が事件を再現(産経新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構−国交相(時事通信)
<前原国交相>スカイマークの操縦室撮影「言語道断」(毎日新聞)
[PR]
# by lyancstmtk | 2010-03-18 03:36
 4月5日に米スペースシャトルで国際宇宙ステーション(ISS)に向け初飛行する山崎直子さん(39)が10日、ヒューストンと宇宙航空研究開発機構の東京事務所を結んだテレビ電話で記者会見した。山崎さんは「打ち上げまで1カ月を切り、本当にいよいよだなという気持ちでいっぱい。宇宙飛行士に選ばれてから11年間の集大成として、立派にいい仕事ができたらよいと思う」と話した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
野口さんが「宇宙からの読み聞かせ」(産経新聞)
実朝暗殺を目撃?鶴岡八幡宮のイチョウ倒壊(読売新聞)
西山・元記者ら参考人招致、「密約」問題で(読売新聞)
<普天間移設>陸上案「完成に10年」政府試算(毎日新聞)
[PR]
# by lyancstmtk | 2010-03-16 19:12
 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の吉田真朱容疑者(26)が「夫に不満があった」などと供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。「息子が夫と似ていて、かわいくなかった」とも供述しており、県警捜査1課などは、同容疑者が夫婦生活上抱いていたストレスなどから、亡くなった智樹君に対する虐待を始めたとみて調べている。
 捜査関係者によると、容疑者夫婦は2003年に結婚。当初は仲が良かったが、3年余り前に博容疑者(35)が親類の連帯保証人になっていたことが発覚、けんかが絶えなくなった。ほかにも夫婦生活上でストレスを感じていたころ、博容疑者が、長女(3)を妊娠していた真朱容疑者の腹部をけったことで不仲が決定的となったという。
 長女誕生後は、もともと女の子が欲しかった容疑者夫婦が妹をかわいがるようになったため、智樹君が嫉妬(しっと)。口答えや反抗をするようになり、ストレスをため込んでいた真朱容疑者が虐待を始めたとみられている。 

【関連ニュース】
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席
「妻に逆らえなかった」と父親=育児放棄、見て見ぬふりか
「妹の方がかわいかった」=3年前から虐待か
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児

アカデミー賞 イルカ漁隠し撮りされた太地町「事実誤認、怒り覚える」(産経新聞)
松本空港で気圧データ誤送信、着陸やり直し(読売新聞)
文科相、五輪選手支援企業の優遇税制検討(読売新聞)
雑記帳 八光さんらが「落語まつり」の宣伝隊結成 大阪(毎日新聞)
安倍元首相「核密約の申し渡しはなかった」(産経新聞)
[PR]
# by lyancstmtk | 2010-03-12 01:13